上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の日記で書いた、修道院横の怪しい本屋で本を取り寄せしてみました。
レジの前に「文学手帳」という1ページに付き1格言掲載されているスケジュール帳とか、
贈り物を梱包するようなリボンが置いてあって、本屋に何の関係が・・・・と思ったらリボンにつらつらとポエムが綴ってありました。相変わらず個性的な店です。
欲しい本のタイトルとISBNを伝えると、

「うちの店とは系統の違う本ですが、あなたの望みなら勿論取り寄せますよ。」

エラそうだし!
私の注文した本は至って普通です。
っていうか、この店の系統って一体何ですか、と逆にツッコミたかったです。
北○鮮写真集とか残酷画集とか、偽聖書売ってる店と同じ系統の本を注文する予定は今の所ありません。およそ此処で売っている本を、他の書店(普通の大型書店)で見かけた事があるだろうか?答えは否です。明後日には届くと言われていたので、半信半疑で今日引き取りにいってみたら、本当に着いてました!ちゃんと仕事はしているらしい(笑)
「魂の暗闇と混沌、ヘッセと彼の精神分析医ラングの往復書簡集」
を受け取りながら、ここの店主を吃驚させるような本をいつか取り寄せてやろうと思った。
それにはきっと錬金術の研究書なんてうってつけなんじゃないかしら・・・(笑)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ミュンヘン事変, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。