上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日初めて絵チャというものにお誘い頂き、参加して参りました。
素晴しいインターネット!文明の利器!僻地で寒風に吹き晒されてる私が、日参させて頂いている憧れブロガー様方とリアルにお話できるなんて、夢のようです。ブロガーナイトやイベントの記事を拝見する度に我が身の不幸に、PC前で歯軋りしているだけだった私が・・・・(涙)。立ち塞がるは時間の壁をものともせず、真ッ昼間(日本は深夜なのでOK)から素敵に不穏な鋼トークに萌えて来ました☆
ブログにコメントしてお返事を頂く~というのもとても楽しみなのですが、やはり直にキャッチボールでポンポン会話(しかも素敵萌え絵付き!!!)していくのっていいなぁ~って思いましたわ。モチベーション上がりました。鋼サイコー☆<浮かれ過ぎていて不憫ですが、どうかスルーしてやって下さい・・・・

そうそう、何か昨日の夜から喉が少し痛いのですが、もしかして風邪のひき始めかも・・・・。以前風邪をひいて寝込んだ時に、同居人がHörbuch(聴く本)というその名の通りの朗読CDを持って来てくれた事があります。しかもグリム童話とかそういう系。ヤツは病気で苦しい時には、ご幼少のみぎりに聴いた童話CDを聴いて安心感とか、なにやらそんな子供時代の優しい思い出なんかを振り返るそうです。
熱の所為で脳がヤバイ証拠ですね。
友達にこの話をしたら、「え、それ普通じゃない?私もやるよ。」と言われ、驚愕。まさか・・・ まさか・・・・ 同居人だけが脳沸いてるんだと思っていたのに、ドイツ人的にはアリ?じゃあ1923 in ミュンヘンでもあの子があんな事を・・・

風邪をひいて自宅謹慎のエドを気遣って、早めに研究所から戻ってきたハイデ。

ハイデ「大丈夫ですか?皆エドワードさんを心配して、色々差し入れくれたんですよ。
チョコレートとか、薬草茶とか。それと・・・・」

と、おもむろに上着を脱ぐ。
サスペンダーに挟まっていたのは(ポケット代わりにも使用可)無数のレコード。

エド「これ・・・・何?」
ハイデ「え、お話レコードですよ。英国には無いんですか?」
エド「・・・・」
ハイデ「さあさあ、ちゃんと横になって。後で暖めたワイン持ってきますからね。」

ベッドに押し込まれ、無理矢理お話を聴かせられるエド。しかもエンドレス。
熱にうなされながら見る夢は、自分の金髪を伝ってよじ登ってくるハイデリヒ王子。
スポンサーサイト
テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック




ヒロさまこんにちは! 絵チャでは遊んでいただきありがとうございました! またぜひご一緒させてください…! もっと炸裂トークしたかったです(笑)
ところで「朗読CD」! そんなもんを聞く習慣があるんですね…! 底知れない国ドイツ、恐るべし。アメストリスでどこまで童話とかがあったのかわかりませんが、エドワドさん初めて聞くシュールな世界に素で悪夢見そうですよね。ハツカネズミと鳩とソーセージが仲良く住んでいました、とか、普通に聞いても熱出しそうなのに…。エドワドさん夜中にいきなり起き出して、鍋…ハツカネズミ死んじまうぞ…! とかつって夕飯のシチュー鍋かき回したりするの。ハイデさん驚いて、エドワードさんしっかりしてください! みたいな。エドワドは固い本とかばっかり読んでた気がするので、そういう物語とかにうぶな気がします。そんな子にグリム童話エンドレスは危険ですきっと(笑)
【2006/12/12 14:37】 URL | さや #xfH9rAAU[ 編集]
こちらこそ生でお話できてたのしかったです!本当に機会がありましたら、是非またお会いしたいです!そして今度は濃厚なハイエドイツトークを・・・・。PCが拒否ってモザイク表示になってしまうような妄想を繰り広げたいですね☆<オマエだけだよ
そうそう、こっちって朗読CDがありえないくらい多いんですよ。現代の小説、古典に関わらずどんどん出版されています。「星の王子様」で朗読しているオッサンが、王子の台詞の時だけ突然裏声で可愛く喋った時には噴出しましたが、ヘッセの詩なんかは本人が朗読していたりと、なかなか面白いです。本来は子供や、耳の聞こえない方の為の朗読CDだと思うのですが、友達は「本読む時間が無い時、車運転しながら聞くと便利」という危険な使い方をしています。いつか事故ると思います。
ソーセージと友達っていう時点で色々終わってますが、そこはあえて突っ込まず、ハツカネズミにいくのですね!(笑) というか、友達の出汁が利いたスープを食べようという物語、よく思いついたなとある意味関心します。アンパンマンの原点です。<ホントかよ
エドは免疫ないから、「何でお菓子で家造れるんだ?腐るよな。狼は喋れたのか?」とか一々真面目に突っ込んでハイデを困らせそうです(笑)。英国のファンタジーとは違う、薄暗可愛いメルヒェンの世界に翻弄されそう。
【2006/12/13 11:38】 URL | ヒロ #MabEK6sc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ミュンヘン事変, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。