上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

州によっては休みでない所もあるようですが、今日11月1日は聖人の日で祝日です!
で、昨日10月31日は聖名祝日でアルフォンスの日でした。
以下、Wikipedia(日本語版)より引用。

聖名祝日(せいめいしゅくじつ)
キリスト教における個人の守護聖人(聖者)の記憶日である。
1月1日から12月31日まで、すべての日に別々の聖人が割り当てられている。
国によっては子供の名前をつける際の重要な要素の一つとなる。
自分の洗礼名の聖名祝日を、自分の誕生日と同等に祝う風習のある国もある。
北ドイツ・ポーランドなどでは誕生日より盛大に祝うことがある。


Alfonsと言う名は、古高地ドイツ語(750~1050年頃の高地ドイツ語)のadel【アーデル】(高貴な・現在のedel【エーデル】に該当)もしくはal【アル】(完全な・現在のganz【ガンツ】に該当)と、funs【フンス】(自ら進んでやる意思のある・現在のbereitwillig【ベライトヴィリヒ】に該当)から来ているそうです。「自ら完全な気高き意思をもって」みたいな感じなんでしょうか。うんうん、立派な名前ですね!ハイデにピッタリです。<え、アルは・・・

同じくエドワードを検索してみたらEdward→Eduardに変換されてしまいました。
意味は大切なものの守護者(Hüter des Schatzes【ヒューター デス シャッツェス】)、古い英語では輝く、もしくは研ぎ澄まされた剣(shining/or sharp sword)だそうです。アルを守る兄としてのエド、そのアルの為になら右手を剣に戦えるエド。
名前の意味を知った上で付けたのかなという位、嵌っています!

鋼のキャラ名は実際に存在するから、
こうして意味を調べてニヤニヤドキドキできるのが楽しいです♪
スポンサーサイト
テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ミュンヘン事変, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。