上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリー・ポッターで学ぶ英語」とか「ベル薔薇で学ぶフランス語」などの教材が本屋の語学コーナーに並ぶ今日この頃。じゃあ、もし「鋼の錬金術師で学ぶドイツ語」(劇場版はミュンヘンだし<苦しい)とかあったらどうなるんだろう、と妄想してみました。

まずは重要単語から

das Prinzip des gleichwertigen Austauschs 【ダス プリンツィープ デス グライヒヴェアティゲン アウスタウシュス】 等価交換の原則
der Staats-Alchemist 【デア シュターツ-アルヒェミスト】 国家錬金術師
der Stein der Weisen 【デア シュタイン デア ヴァイゼン】 賢者の石
die Transmutation 【ディー トランスムタツィオン】 錬成
die menschliche Transmutation 【ディー メンシュリヒェ トランスムタツィオン】 人体錬成
das Blutsiegel 【ダス ブルートズィーゲル】 血印
die Rüstung 【ディー リュストゥング】 鎧
die Metallprothese 【ディー メタルプロテーゼ】 オートメイル


続いて日常会話の例文

・ここで人体錬成を行ってもいいですか?
(ここで煙草を吸ってもいいですか?の要領で)
Darf ich hier die menschliche Transmutation durchführen?
ダルフ イヒ ヒア ディ メンシュリヒェ トランスムタツィオン ドゥルヒヒューレン

・賢者の石を一つ欲しいのですが。
(コーヒーを一杯下さい風に)
Ich hätte gern einen Stein der Weisen.
イヒ ヘテ ゲルン アイネン シュタイン デア ヴァイゼン

・私の兄は国家錬金術師です。
Mein älterer Bruder ist Staats-Alchemist.
マイン エルタラー ブルーダー イスト シュターツアルヒェミスト

・その鎧は、あなたにとても良くお似合いですね。
Diese Rüstung kleidet sich sehr gut.
ディーゼ リュストゥング クライデット ズィヒ ゼア グート

・これは私の兄が描いた血印です。
Das ist ein Blutsiegel, was mein älterer Bruder gemalt hat.
ダス イスト アイン ブルートズィーゲル、ヴァス マイン エルタラー ブルーダー ゲマールト ハット

・あなたは等価交換の原則をご存知ですか?
Kennen Sie das Prinzip des gleichwertigen Austauschs?
ケネン ズィー ダス プリンツィープ デス グライヒヴェアティゲン アウスタウシュス

・誰がそのオートメイルを組み立てましたか?
Wer hat diese Metallprothese gebaut?
ヴェア ハット ディーゼ メタルプロテーゼ ゲバウト?


・・・・・。
一体、いつ活用すれば・・・OTL
「ハリー・ポッター英会話」はどうなっているのか、とっても気になります。
やっぱり「わたしの両親を殺したのはあなたですか?」とか
「その魔法は禁じられています。」とかなんだろうか。
スポンサーサイト




連続でコメントごめんなさい!
気になっていたんだけどなかなか書けなくて。

ハリポタの英語で~はなぜか全て持っており、原書も全巻持っているというハリポタキチです。
んで、どうなってるのかなってヒロさんが書かれるから調べちゃったよ!
ただ、それはなんだかスルーされてまして他の部分をピックアップしてますね、、、(確かに一般会話には全然使わんよ)

しかし、鋼ドイツ語講座は感謝!
これからドイツ版コミックスを手に入れ、読む身としてはとてつもなくありがたいです!!!
これからも書いて!お願い!!!(土下座)
重要単語だけでもいいので!!!(図々しい人)

ここで人体錬成を行なってもいいですか?って!!!(笑)
即刻軍に捕まっちゃうよーーー!!!(爆)
でもそれを無邪気に聞くチビエド、チビアルを想像したら鼻血を出しそうに(変態)

そういや、マンガ鋼ってドイツをモデルにしてるのではなかったっけ?
私もコミックス読んでてイギリスっちゅーよりかはドイツかな?と思ってたんだけど。公式で産業革命期を~っていうのは書いてあったけど気がするけど。
この頃、イギリス?という情報もあってなんだか混乱中。
産業革命はイギリスだけじゃないからねぇ、、、。
確かに作品のキャラクターの名前はとっても英国的(?)だけどね。と書いておいてもし鋼キャラの名前がドイツでもポピュラーだったらごめんなさい。
【2006/10/04 17:40】 URL | 由宇 #0kufgj3.[ 編集]
私もハリポタ大好きですよー!!原書は3巻と4巻、あと教科書を持っていて、1巻は読めもしないくせにイタリア語(フィレンツェの本屋で見かけ、表紙が可愛かったのでつい)、6巻はドイツ語で持っています。<滅茶苦茶なコレクション

でも、ハリーは日本語訳で読んだ方が断然面白いと思うのは私の語学力がヤバイからでしょうか・・・。色々言われていますが、私は台詞がちょっと独特な硬質さを持っている松岡さんの訳も、本文中のフォントの切り替えなんかも好きです。
ハリポタ英語~のピックアップされていた文は、日常会話として使えそうでしたか?作中に出てきて使えそうなのって、ロンがしょっちゅうハーマイオニーに言っている、「宿題が終わらないよ!」とか「ねえ、君のレポート見せて!」とかでしょうか。私が学生ならこの不真面目用語、フル活用できますよ。

鋼ドイツ語版、通販されたのですか! さすが由宇さま!日本に逆輸入されるのも吃驚です。英語版はともかくとして・・・。確かに造語とか専門用語出てきますけど、なんとなーく想像できますよ!英語で「Human transmutation」ってあれば、あーhumanが人間でtrans~が変質だから、、、という感じに。もし「なんだこれ」って単語があったら、もし私で宜しければどうぞ仰って下さい。お力になれるかは激しく疑問ですが・・・・

漫画版ってドイツがモデルなのですか?なんとなく、ドイツとフランスとイギリスがゴッチャになってる感じの世界かなぁって思っていました。エドワード・エルリックはイギリス風だし、アルフォンスやリゼンブールはフランス、でもホーエンハイムはドイツ。で、街中の看板や「Dont forget 3.Oct」は英語・・・。別に「Vergiss nicht 3.Okt」でもいいのに、わざわざ英語にしてるって事は、イギリスっぽい世界が舞台、というアピールなんでしょうか??うーん。
【2006/10/05 07:51】 URL | ヒロ #MabEK6sc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ミュンヘン事変, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。