Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きたいメールが何通もあるのに、微妙にどっしり腰を落ち着ける時間がありません。なんでだろう・・・。時間の使い方が莫迦なんだわきっと。自分の日記なんかだとどうでも良く書けるけど、人様に宛てて書く時は微妙に緊張して短い文章でも考えるのに時間がかかります。。。。単純に文章構成力が無いのか。今週末こそ家に居ようと思うので、旅行中お世話になった皆様、素敵ハイエド作品を下さった方々にご挨拶周りをしたい!!(><) 一日36時間が丁度良いと思う今日この頃。見たいアニメも沢山あるのにー。<それか

そう言えば、一見どうでも良さそうな単語を検索避け(/)していますが、いらっしゃるのですよ、純粋にミュ/ンヘンの観光情報やドイツ語単語を検索して来られる方が(爆)。で、開いてみればこんなシャン薔薇シャンバラ言ってるヲタブログ。鋼の「は」の字も知らない方は、ホント、ポカーンですよね。も、申し訳な・・・・!
と、言うわけでレポ第二段です♪(笑)

スポンサーサイト
テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

去る9月某日ハガレンブロガーナイトが劇場版の聖地、
ミュ/ンヘンで開催されました。
有り得ないなんて事は有り得ない・・・・とは言っても本当にこれはね。
一時帰国した時に遊んで頂いた皆様と、今度はドイツで再会って・・・・(笑)。
もう笑うしかない、アンインストールって感じです。<ぼ●らの

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

「スコットランドが英国から独立?」とニュースになっておりますが、この際、バイエルンもドイツから独立したらどうでしょうか。今回の旅行でバイエルン人の「俺らドイツ人じゃねー。バイエルン人だ!」という噂通りの矜持をそこはかとなく感じ、「バイエルンに行くんだったら、パスポート持って行かないと。あそこは外国だから。」というドイツ人のジョークを鑑みるに、それがお互いの為なんじゃ・・・・。それが特に顕著だったのがレジデンツでの出来事。レジデンツはバイエルン王国を支配した、ヴィッテルスバッハ家の居城。有名なオーストリー王妃、エリザベートもこの王家出身です。絢爛豪華な王国時代が偲ばれる観光名所なのですが、ここを見学した時の事。ノイエ・ピナコテークに展示されていたのと寸分違わないルートヴィヒ1世の肖像画があったので、監視員の方に質問してみました。

私「つい昨日全く同じものをノイエ・ピナコテークで観たのですが、これはレプリカですか?」
監視員「いえ、勿論オリジナルですよ。」
私「でも、本当に全く同じだったんですよ。美術館にレプリカを飾るとは思えないし。」
監視員「ここはバイエルン王国ですよ。ルートヴィヒ国王の肖像画なんてどこにだってあります。」

もう王国じゃないだろ!(笑)
バイエルン州だよ!!
その後、売店でポストカードとカタログを買ったのですが、丁度レジの横にピンバッチ&キーホルダーがあったので手に取ってみると、一つはバイエルンの白&青の紋章。あのBMW(バイエルン・モートアラート・ヴァーゲン)と同じやつです。そしてもう一つ違うデザインのものがあったのでどう違うのか訊いて見ると、

店員「(青&白を手にとって)これは、バイエルン王国としての紋章。一番由緒あるデザインです。・・・・で、こっちはドイツに統合してからの、州としてのもの(すっごいどうでも良さそうな雰囲気)。」
私「そうですか。じゃあ、こっちの王国の紋章を2つ下さい。」
店員「同じの2つですか?」
私「1つは贈り物(お土産)にしようと思って。後、このルートヴィヒのキーホルダーも。」

途端、超笑顔。
「Sehr gut ! Sehr gut !(Very good)」
去り際も「さようなら、良い一日を!」と親しい挨拶。
この人絶対バイエルン出身で、このレジデンツで働ける事を誇りに思っているんだろうな・・・(笑)。

ハイデはどこの出身なのかしら。わざわざ下宿しているくらいだから、ミュンヘンでない事は確かだけど・・・。バイエルンの片田舎とか?だとしたら、方言凄そう(笑)。エド、一緒に暮らしているうちにマスターしちゃって、ペラペラだけど超訛ってます!って言う山形弁の某タレントのようになるのね。それはそれで映画面白そう!あの「忘れないで」のシーンも、訛り変換すると悲しさレベルが下がるような気がするのは何ゆえ。

メールフォームのお返事です♪

20070110072034.jpg

車窓から撮った風景。どんより。
旅の思い出整理(パンフ・チケット類)してたら、手帳の中にこんな手記が。

「さっき一瞬薄い光が差していたように思ったが、また灰色に戻ってしまった。ポツリポツリと点在する村も人気が無く、のどかというより寂びれている。今ドイツの何処かで、太陽が見える場所があるのだろうか。」

暗・・・・・っ

これ、ミュンヘンへ向かう列車の中で書いているのですが、とてもこれから「ミュンヘン旅行~♪」と浮かれている人間の書く文章とは思えません。 でも暗い寒い長いと文句言っていても、これがドイツの冬なんだから仕方ないなぁとも思います。その国に「らしい」季節があるとしたらきっと此処は冬なのだろうな。(日本は桜の季節だと思います!美しい!)
そんな薄暗さ寒さにも負けない、路上演奏家 in ミュンヘン。
バイオリンとかチェロ、アコーディオンは珍しくありませんが、流石にこれは居ません。
テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

20070108224034.jpg

3日目の朝、午前中からレストランに行って来ました。
勿論「白ソーセージある?」と言う為です。
このままじゃ馴れ馴れし過ぎるから「白ソーセージまだありますか?」と言うつもりではいましたが。

レストランに入って、一言断ってから窓際の席につくと、
ケルナリン(ウェイトレス)が注文をとりにくる。
「ご注文はお決まりですか?」
「パウラナービアと、(メニューを見ながら)この本物のという白ソーセージを下さい(笑)」
「(ちょっと笑って)2本で宜しいですか?」
「いえ、4本下さい。」<この為に朝食を抜いて来た。

・・・・・・・・。
・・・・・・・・。

言って無いじゃん(爆)

不 覚 ・・・ !
なんて事でしょう。いつもの習慣でごく普通に注文してしまいました(死)
一体何の為にミュンヘンに来たと思っているんだ。<何しに来たんだよ
今夜もう発つし、チャンスはありません。かと言って、この後レストランをはしごしてもう一度白ソーセージ食べるのもどうかと思います。もう今回は諦め、 また次に来た時に言うしかありません。ホント莫迦だな・・・・・・(_TдT)

しかし、ソーセージは文句無しに美味しかったです!!
テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ミュンヘン事変, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。